余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年5月29日日曜日

すみれの会、余命さん想像以上のご寄附、2日で2300件、しかしリスク管理には苦心の様子


すみれの会、ご寄付の状況

余命ブログ、2016年5月28日記事「790 朗報です。」より抜粋して引用
 当初、余命の読者の状況から固定的な読者は約3万人、寄付ということになれば、おそらく10分の1、住所も電話番号もない寄付であるから、せいぜい1000件から1500件という見込みで、支援サイトの立ち上げのアピールを優先、6月半ばまでに目標額が達成できればいいなということであった。
 25日にお知らせで寄付のお願いを発信。26日は60件の振り込みがあった。そして27日。なんと昼過ぎに2300件オーバーである。週明けには4000件をこえそうだ。万単位での高額寄付もあって掛ける3000円ではない。
(引用以上)



すみれの会、事務所立ち上げの状況

余命ブログ、2016年5月28日記事「790 朗報です。」より抜粋して引用
 寄付の回数については1回で結構である。後述するが、今回の立ち上げだけで、すべてうまくいくことなどありえない。一旦、事務所等の準備にかかり、その後は企業に対する支援要請という段階に入るが、それまで敵勢力が黙ってみているわけがない。サイトを立ち上げるということは、標的となることである。すみれの会が花が咲くどころか枯れてしまう可能性も十分にあるのである。
 そういうわけで、用心に用心をして、共倒れにならないように余命とすみれの会を二本立てにした。すみれの会は最初からみなさんの寄付をもって起動し,事務所立ち上げから企業支援までを予定し、その第一段階としてセキュリティをもった事務所の設置を目指した。
(中略)
 先述の通り、現状では事務所立ち上げ関連と弁護士による法的な検討要請程度しか予定されておらず、すべては6月半ばの事務所設置からとなるが、それについては必要かつ充分な資金がすでに集まったということですぐにとりかかる。
 以上のような状況であるから、寄付はまだこれからという方は無理されることはない。
(引用以上)



想定以上に順調、しかしリスク管理は必須

 保守系裁判支援団体 すみれの会の立ち上げは、余命さんの想定以上に順調なようです。反日・在日勢力の駆逐を強く願う方々、日本再生を強く願う方々が如何に多いかということですね。余命ブログ、余命本が浸透してきたことの表れとも受け取れます。確実に前進していますね。
 しかし、すみれの会の設立、および、これから事務所を立ち上げるに当たって、大きなリスクもあるようです。
 従来からやっているネット上の活動から、(余命本も含めて)実社会と連動した活動になってきているわけですから、影響を与える範囲は大きく広がっています。余命本だけでもブログとは違う読者層、ブログとは違う接点を創り出しています。ここに新たにすみれの会という支援団体ができれば、保守系デモ活動の拡大、保守系裁判情報の拡散、および、それに伴う新たな接点が増えるものと予想されます。非常にインパクトの大きな取り組みです。また、従来からのブログと合わせて非常に大きな発信力を獲得できます。
 反日・在日勢力にしてみれば嫌で嫌でたまらないでしょうね(笑)
 「ざまぁ~みろ、これまでの報いだ」と笑ってやりたいところですが、活動範囲が拡大すれば反撃される機会が増えることは事実です。余命チームのことですから、リスク管理はしっかりやることと思います。



余命ブログ、2016年5月28日記事「790 朗報です。」より抜粋して引用
 そういうわけで、用心に用心をして、共倒れにならないように余命とすみれの会を二本立てにした。すみれの会は最初からみなさんの寄付をもって起動し,事務所立ち上げから企業支援までを予定し、その第一段階としてセキュリティをもった事務所の設置を目指した。
(中略)
 会、そのものを堂々とした組織で立ち上げるのが理想であるが、簡単なことではない。
 ほとんど公表していないが、極秘ファイルへ投稿されている保守攻撃の実態はひどいものだ。現実に川崎デモで15人のデモ隊に200人の警察官?なんて誰も信じない。これは警護である。警護と言えば岡山デモでも桜井氏には6人の警察官が警護についていた。
 余命の前3代目はなりすまし匿名の緊急支援要請に応じてしまい、結局、身バレ状態となって危険となったため帰米して6月に亡くなっている。大げさに思われるかもしれないが、余命の外出は車2台で常に5人の護衛?がついている。
 いちいち報告していないが、昨日も配達証明郵便が来ている。削除要請に関するもので、サーバーはとりあえず対応せざるを得ない名誉毀損案件に仕立て上げている。過去ログでなりすまし関連を扱っているが、手口としては、投稿記事内に過激な文言を入れたり、他人を誹謗中傷するなりして、それを掲載している余命に対して容認責任と削除を求めるもので、放置は全削除という危いものだ。
 こういう状況の中では支援サイトの立ち上げがどんなに困難だったかがわかるだろう。1月~4月までは完全にアウトであった。保守のみなさんががんばってやっと口座の引き受け手が決まり、余命は直接関与せずバックアップに回るという図式は、余命がコケたらみなコケたということにならぬような安全対策であった。完全に分離しておけば余命がコケても会は残る。黒子的なみなさんが多いので最初から法人として堂々と立ち上げができなかったのはそういう理由である。
(引用以上)



余命ブログ、2016年5月28日記事「790 朗報です。」より抜粋して引用
 今まではどこで誰がどういう保守系裁判をしているかはほとんどわからなかった。今後は、情報収集と支援の窓口ができたことから、すぐに支援と情報の拡散ができる。
 「余命三年時事日記」の3シリーズで外患罪やテロリストに関する対応を細かく示してある。すみれの会は告発サイトではない。あくまでも支援サイトであるが、告発が受理されたときの威力は計り知れないほど大きい。要するに、常時、すみれの会に監視され、いつ攻撃されるかわからない状態になる。
(引用以上)



※すみれの会立ち上げに関するリスク

実践・保守系裁判支援団体すみれの会[2]
春、不遠。~はるとおからじ~様、2016年05月29日記事
▼「すみれの会」事務所について
▼事務所設立のリスク
余命プロジェクトチームの身の危険
ブログ削除要請の圧力
▼在特会とのタッグ
▼寄付について
(引用以上)



※すみれの会立ち上げで期待される効果

実践・保守系裁判支援団体すみれの会[1]
春、不遠。~はるとおからじ~様、



保守系裁判支援団体 すみれの会が発足、戦略爆撃部隊の登場 2016.5.25
>>戦略爆撃部隊が登場
(中略) 結果として、デモ活動などの主催者が増え、全国各地に広がっていくと思います。各地に広がるにつれて、保守系デモの認知度も高まり、参加者の規模も大きくなっていくでしょう。いわゆる「お花畑層」への情報拡散にもなり、日本再生の動きはますます大きく、強固になっていくでしょう。まさに「戦略爆撃部隊」だと思います。 (中略)
>>告発に備えた証拠集めも大事ですね
>>寄付は一口3000円が目安
(引用以上)





余命さんからのお願い

個人情報が絡むことですので「賛同される方はどうぞ」としか言えません。
ちなみに、私は投稿しました。


余命ブログ、2016年5月28日記事「790 朗報です。」より抜粋して引用
 なお神社への奉納CDご芳名の件は、今回に限らず、今後のいろいろな日本再生の活動も含まれるから気にされることはない。
 尚この件についてのお願いである。
 振り込みに際して、匿名、カタカナ、ひらがな、ニックネームの方がおられる。子孫の代になっても識別確認できるようにCDにまとめるので、余命のファイルに以下のように投稿をお願いしたい。生年月日は西暦。例19780124  都道府県名と市区名 金額は3000円は3、1万円は10。また、整理の関係上、本名で振り込みの方も確認投稿をお願いしたい。
 日本太郎 にほんたろう 19450321 東京都新宿区 3
 大和花子 やまとはなこ 19861201 大阪市北区  10
 照合にかなり時間がかかるのでゆっくりで結構である。投稿のファイル番号は、投稿順と関係なく、801、802、803である。情報は別ファイルに保存され、即削除される。
(引用以上)



朗報です、朗報!! 待ち望むもの様、
寄付をされた方は、801~803のどれかに、情報を書き込んでくださいとのことです。
 これは靖国神社への奉納CDへの記載もありますが、おそらく税務署や当局がきたときの証拠の意味もあると思われます。某一派が、警察だの金融庁だのに通報したという書き込みがありますしね。
(引用以上)



信濃注: 同感です。問題の書き込みは以下。
【ダヤン氏寄稿】ヤバイ金(DangerMoney)?
伏見あきまさの「時を斬るブログ」、2016-05-25 14:09:23記事
ttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/107ce061b590d66bca359b2123c782d8
>> コメント欄、読者コメント、2016-05-26 15:30:48
(信濃注、以上)



※伏見ブログは犯罪ブログです。
余命翁・豆腐おかか様に殺人教唆とサイバー攻撃呼び掛け、サイバー攻撃の方は対処法ありませんか? 2016.3.12
【緊急拡散】 不逞鮮人に注意! 余命さん・豆腐おかかさんに殺人教唆あり 2016.3.12
?なブログリスト(閲覧は読者さんの自由ですが) 2016.3.16
ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認) 2016.3.19





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.5.29、強調処理の色変更(18:20)、読みやすくするため、文章変更なし

3 件のコメント:

  1. 真太郎氏の保守分断で書いた者の再送です。
    名前と生年月日と言うことは、銀行や貸金業の、簡単に言うと、反社チェックだろうと、改めて思いました。
    反社からの寄付でないことのチェック。
    分かりませんか再送しました。

    返信削除
  2. あれ、送れなかったような。
    真太郎氏の保守分断を疑問に思った者です。
    名前と生年月日だと、銀行貸金業の履歴照会による反社チェックかもと思いました。
    余命氏も、そのように書ける訳もなく。

    返信削除
    返信
    1. たぶん違うと思いますよ。
      チェックするためには銀行貸金業者に余命さんから個人情報を渡す必要があります。でも、これをやると個人情報保護に違反する可能性があるのでやらないと思います。

      削除

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。