余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年6月29日水曜日

告発支援サイト、偽保守側(敵側)と告発合戦の可能性あり、しかし恐れる必要なし


※2016.7.1、01:30追記 →2016.7.1、10:00削除・訂正
リポビタンDより新茶でも飲みましょうか。
新茶の時期はいつ?美味しいお茶の入れ方は?、DAILY INFO様
一番茶の新茶は摘まれてから5月末~8月初まで販売されます。
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/korea/1467022373/225-226/
うたちゃん様、マンセー名無し様、ありがとうございます。



告発合戦になっても恐れる必要なし

 余命さんが予定している告発支援サイトの立ち上げ。立ち上げに伴って、偽保守側(敵側)と真っ当な余命読者さんとで告発合戦になる可能性があります。
 目的は余命読者さんの分断でしょう。例えば、何ら問題のない投稿者さんを複数の工作員が組織的にでっち上げ、議論を巻き起こす。でっち上げられた投稿者さんが焦って騒ぐと、周りで見ている真っ当な読者さんたちが心配して、或いは、工作員を信じ込んでしまって議論が白熱する。結果として余命読者さんたちが分断される。という流れです。
 仮にでっち上げられても、告発すると脅されても、本当に告発されても、真っ当な余命読者さんが恐れる必要は全くありません。堂々として静観していればいいのです。悪いことなんてしていないのですから。何かの間違いで捜査されても、証拠なしで不起訴でしょう。
 恐れる必要があるのは、虚偽告発することになる偽保守(敵側)の皆様です。おそらくは信濃を告発したい連中もいるでしょう。信濃を告発するならお好きにどうぞ。何も出てきませんから。逆に虚偽告訴罪(虚偽告発を含む)で逮捕されるでしょう。でっち上げでブログ運営を妨害したことになりますから、偽計業務妨害罪でも逮捕される可能性があります。
 告発が集中すれば処理しきれませんから、おそらくは余命さんから優先順位が示されるでしょう。例えば、「政治家の外患誘致罪候補者を優先する」などです。余命さんの旗振りに合わせて進めれば問題ないかと思います。告発すべきかどうか迷う場合にも、余命さんの見解に合わせて進めれば問題ないかと思います。恐れず焦らず、粛々と進めていければと思います。



情報戦への対処に関する一考察 2016.6.27
 告発サイトの立ち上げに備えて、おそらく敵側は次の仕込みに入ってますね。現状ではデータが少ないので何とも言えませんが、言える段階になったら報告します。真太郎氏と万里の河氏についても引き続き要注意です。甘く見たらまずいです。皆様のご厚意に感謝して、兜の緒を締め直します。
 本稿では情報戦への対処について考察してみます。
※明言しておきますが、真太郎氏と万里の河氏が敵工作員だと断定するわけではありません。
(引用以上)



余命ブログ、2016年6月29日記事「939 巷間アラカルト36」
真太郎
 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
 信濃太郎様も復活されたようなので安心しました。
 今回の騒動は、敵国あるいは反日側の本体から遠い末端が仕掛けた保守分断工作(余命読者分断工作?)だったようですね。
 しかし、結局のところ浅き夢見氏のコメントにあるように「信濃太郎さんと真太郎さんのバトル、ハラハラドキドキしておりました。」となっただけでした。読者の興味をひいて信濃太郎様やそのお友達のブログと真太郎のブログの閲覧数が増えた結果となりました。(もしかしたら、余命三年時事日記の閲覧数も増えたかも知れませんね。)
 偽真太郎一味は、散々苦労して犯罪の痕跡をたくさん残した挙句に余命三年時事日記の情報を世に拡散してしまったと言うことです。有田が批判した為に千葉本が売れたのと似た現象ですね。
 敵側の本体もこうなるのを恐れて、当初は余命三年時事日記をひたすら無視するのを末端まで徹底していたようですが、今年から敵側組織がおかしくなった為に末端の行動もトチ狂ったものになったと類推できます。

信濃注:
偽真太郎一味とは?
興味がおありの方は添付資料の記事をお読みいただき、各位でご判断ください。
(以上)

 いよいよ個人用外患罪告発サイトの開設が間近となり本格的な戦いが始まろうとした時期になって、兵の中に取り乱して正気を失ったり元気があり過ぎる者が出てきました。余命プロジェクトチーム様は、いったん戦列から兵を外し落ち着けた後に兵を戦列に戻しました。見事な用兵でした。
 元々、余命三年時事日記に集まる読者は組織の構成員ではありません。あくまでも、ブログの読者です。(実際に真太郎は余命様や他の読者様と面識はありませんし連絡もありません。)しかし、敵側は何を勘違いしたのか余命プロジェクトチームを中心とした何らかの組織あるいは集団と捉えてしまったようです。敵側は、余命群と戦う前に相手をもっと調べてから作戦を練るべきでした。
(引用以上)





以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

刑法
(明治四十年四月二十四日法律第四十五号)
最終改正:平成二五年一一月二七日法律第八六号
電子政府の総合窓口 e-Gov

第二十章 偽証の罪

(偽証)
第百六十九条
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。

第二十一章 虚偽告訴の罪

(虚偽告訴等)
第百七十二条
人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

第三十五章 信用及び業務に対する罪 

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(引用以上)



wikipedia-告訴・告発
 告訴・告発は、捜査機関に対して犯罪を申告し処罰を求める意思表示である。犯罪被害者(もしくは法により定められた親族等)が申告する場合を告訴(b:刑事訴訟法第230条)といい、被害者でない第三者が申告する場合を告発(b:刑事訴訟法第239条1項)という。
 マスメディアなどでは刑事告訴・刑事告発ということもある。
(引用以上)



wikipedia-虚偽告訴罪
 虚偽告訴罪とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、虚偽の告訴をする行為を内容とする。告訴だけでなく、告発その他の処罰を求めての申告も虚偽告訴罪となりうる。
 虚偽の告発を行って人を貶めることを古くは讒訴(ざんそ)または誣告(ぶこく)といった。旧刑法下でもこの虚偽告訴罪のことを誣告罪(ぶこくざい)と呼んでいた。
(引用以上)

wikipedia-虚偽告訴罪 >> 虚偽告訴等罪
 人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する(刑法第172条)。
>> 目的犯
 本罪は目的犯であり、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的」が必要である。なお、本罪は虚偽の申し出による被害者が存在する点で、虚偽の申し出における告訴・告発の対象が存在せず、また事件も存在しない虚偽申告(軽犯罪法第1条第16号)と異なる。
>> 行為
 本罪の行為は「虚偽の告訴、告発その他の申告」である。警察など行政機関に申告したり、弁護士会に対して弁護士の懲戒請求をする場合も本条に該当しうる。
 虚偽告訴罪にいう「虚偽」の申告とは、客観的事実に反する申告を行うことをいう。申告者が自己の記憶に反して主観的に虚偽だと思って申告をしても、それがたまたま客観的事実に一致しているのであれば、国の捜査権が害されることはないので、罪にはならない。
(引用以上)



余命補完、事例・考察・【信濃雑感】 >> 大転換2016、誘導、洗脳、犯罪編(ネット上)

警告
【信濃雑感】 ネット工作員への協力者、その末路に関する一考察 2016.3.26

誘導、洗脳
【信濃雑感】 真・カミカゼ様のご指摘に対する当ブログの回答 2016.3.9
【拡散希望】 真・カミカゼ様主催「ハードランディングのシナリオを考える」は危険行為 2016.3.10
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書 2016.3.18
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書、その2 2016.3.20
【注意喚起】 真・土無(真・カミカゼブログ)、偽計業務妨害の教唆の発信あり 2016.3.23
真太郎さん特集(2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.18
真太郎さん特集、その2(2016.1~2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.20
真太郎さん特集、その3(2016.6)、ご判断は読者さん各位で 2016.6.12
真太郎さん特集、その4(2016.6)、おまえは許さん! 2016.6.14
真太郎氏!裁判官は判決が気に入らないという理由で刑事告発できないよ 2016.6.17
真太郎氏!余命ブログに貴殿の投稿の今後一切の削除依頼を出した 2016.6.19
余命さん、あなたは自分のしてることが分かっているのか? →発言撤回 2016.6.22
真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな 2016.6.22
仕切り直しの上、再度、出撃いたします 2016.6.23
参考資料集、真カミカゼ一派、伏見一派、ホラミ、他 2016.6.26

犯罪
余命翁・豆腐おかか様に殺人教唆とサイバー攻撃呼び掛け、サイバー攻撃の方は対処法ありませんか? 2016.3.12
【緊急拡散】 不逞鮮人に注意! 余命さん・豆腐おかかさんに殺人教唆あり 2016.3.12
【注意喚起】 伏見あきまさ、脅迫教唆とも受け取れる発信あり 2016.3.22
【注意喚起】 真・土無(真・カミカゼブログ)、偽計業務妨害の教唆の発信あり 2016.3.23
信濃に殺害予告きた!同志の皆様、万が一の時には後を頼みます 2016.4.27
伏見あきまさ、今度は脅迫!だまれ犯罪ブログ!殺人教唆だけでは足りないのか! 2016.6.16

疑惑
万里の河さん特集(2015.11~2016.3)、ご判断は読者さん各位で 2016.3.31
万里の河さんへ、お互い様ということで終わりにしましょう 2016.6.26





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.7.1、解説追加(01:30)、冒頭
余命ブログ、2016年7月1日記事「951 巷間アラカルト42」、投稿者様への反論
※2016.7.1、解説削除・訂正(10:00)、冒頭

8 件のコメント:

  1. うたちゃん2016年6月30日 8:12

    いよいよ、情報戦の本格化が表面化してきましたね。冷静な余命ブログ読者さんは、今回の両太郎騒動を、情報戦に突入した場合に誤った方向に誘導しようとするコメントを見抜く力を得るためのものだったのでは?と分析されていましたね。
    そう言えば、公安に通報したぞ!と宣言されて、怯えて余命サポートブログを更新されている方がいらっしゃいますが、公安からは何も連絡が無いとか。
    納税の義務を果たしていないくせに、何かあると、すぐ公権力に訴えると言って、真面目な方々を怯ませるのも、連中の手段です。
    信濃様のおっしゃるとおり、法に触れることをしていなければ、証拠は無いので告発されても正々堂々としていれば良いのです。
    連中は腐った弁護士とつるんでいるので、法的に勝てると思い込んでいるだけなので、余命さんの支援サイトの力を借りて泣き寝入りをしないのか一番です。

    返信削除
    返信
    1. 情報戦を意識した投稿をされる方が出てきて少し安心しました。
      私も公安に通報されたらしいのですが、今のところ連絡は来てません(笑) 逆に嘘の通報で調べられてるかもしれませんね。泣き寝入りすると付け込まれそうですし、状況次第ではすみれの会に支援をお願いすることもありですね。

      削除
  2. 信濃様
    いつもキメの細かい情報提供ありがとうございます。
    余命ブログ「947 軍事関連9」は、中身の濃い余命爺様のコメントが目を引きます。6月30日を迎え、明日からの戦いの狼煙でしょうか。身が引き締まる思いがします。
    (略)
    .....1980年代から明らかに自衛隊が変わってきた。どう変わってきたかはもうすぐわかるだろう。(略)
    自衛隊においては九州地区に西部普通科連隊としてテロゲリラ特科部隊を創設し、そのかたちを全国に拡散、これは完了している。(以下略、引用ここまで)
    このコメントを念頭に、国内有事に備えていけばいいんだなと思うと、不安が10%くらい少なくなりました。
    10%なんて適当なことを言うと、理系っぽい真太郎氏に怒られそうですね。(汗)

    返信削除
    返信
    1.  情報ありがとうございます。

      >10%なんて適当なことを言うと、理系っぽい真太郎氏に怒られそうですね。(汗)
      ...真太郎氏は怒りませんよ。自分のことを神様だと宣言するお方ですから(笑)
      真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな
      http://yomeinomatome.blogspot.jp/2016/06/blog-post_38.html

      ...自衛隊には関心があるので、どう変わったのか見てみたい気もします。しかし、その時には見てる余裕などないでしょうね。自衛隊さん、どうか日本と日本人をお守りください。必要とあらば私も戦います(邪魔にならないところで)。警察、機動隊、海保、消防の皆様もよろしくお願いいたします。
      自衛隊・警察、治安出動・テロ対策訓練  余命読者さん投稿まとめ
      http://yomeinomatome.blogspot.jp/2016/02/blog-post_22.html

      『防衛大学第1回卒業式』吉田茂元総理大臣の訓辞が本来の《自衛隊の在り方》を呈する
      トレンドの泉 様
      http://trend-izumi.com/post-2221/
      【昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞】
      「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。」

       以前、自衛隊に対して税金泥棒という声が多くあがった時代があります。吉田元首相はこのことを踏まえた話をしたのでしょうが、確かに自衛隊が活躍する場のないことが幸せなのかもしれません。
       また、Norisukeさんという方の自衛隊に対する思いも話題になりました。

       日本自衛隊は世界でも希有の軍隊です。私は日本以外の国で予備役ですが兵役を経験していますが、軍事を知らない人は必ず、武器を使う事だけを軍隊の仕事と思い込んでいます。特に「平和主義者」と言われる方々に特徴的ですね。また、威勢の良い「エセ右翼」君たちも同類です。
       でも本当の軍隊の仕事というのは、「国民の安全を守ること」なんです。
       誰から守るのか? 「国民の安全を脅かす全て」からです。それが他国の軍隊なら武器を持って戦い、自然災害なら救助、支援になります。ですから世界のほとんどの軍事組織にとって災害出動は実戦です。日本自衛隊ほど「実戦」経験の豊富な軍隊は世界に存在しません。
       鉄砲を撃つだけなら子供でも出来るのは世界の事実が示しています。でも災害救助、支援はただの武装組織ではできません。訓練し、規律をたたき込まれ、装備を持ち、それを使える「軍隊」でなければ、「人を助ける」事は不可能です。未曾有の災害に立ち向かい、短時間に2万になんなんとする人の命を救える軍隊は世界で自衛隊だけです。
      by Norisuke’s Eye @Tumblr
      (引用以上)

      wikiquote-吉田茂
      https://ja.wikiquote.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%8C%82

      削除
    2. Norisukeさんの言葉に、強い使命感と誇りを感じました。

      素直に「憲法や法律で、彼らを守れるようにしたい」と思いました。

      削除
    3. 補足
      ○ 憲法や法律で、彼ら(=自衛隊)を守れるようにしたい
      × 憲法や法律で、彼ら(=不逞外国人)を守れるようにしたい

      削除
  3. うたちゃん2016年7月1日 8:16

    今日から7月ですね。今月は予想外の出来事が多く発生するかもしれませんが、私も余命ブログの自衛隊の記事を読んで安心した読者の一人です。
    相変わらず、今頃、信濃様を批判する投稿もありますが、掲載される読者の投稿記事は信頼出来る内容かどうかを判断することとし、特定の個人への批判は気にしない(工作員は別)ことにしました。
    まだ、そんな事言ってるの?と思っている読者もいるはずですし。
    終わった事をいつまでも長引かせてグダグダ言うのは、あちらからの不法滞在旅行者かしら?と想像するのも楽しみになってきました。
    通り魔など物騒になってきましたので、気を引き締めて行きたいと思ってます。

    返信削除
    返信
    1. 承知です。
      こういうときこそ落ち着いて気を引き締めて行ければと思います。

      削除

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。