余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年4月25日月曜日

余命、凛として愛(映画)関連記事抜粋、2016年4月


「凛として愛」、日本人になら誰にでも薦められる良作です。
(「B級映画、極右、過激派」などのイメージとはかけ離れたものです)

『凛として愛』 全編ノーカット版 「拡散希望!全日本人が知るべき真実!」
https://www.youtube.com/watch?v=QwpWKoV13GY&feature=youtu.be
平成14年(2002年)、靖国神社・遊就館で上映する為に製作 ※動画77分

以下、動画投稿者様の紹介文
 国難の危機にある現代の日本人必須の映画、今ひとりでも多くの方に、この学校教育やメディアでは教わらなかった『日本の真実の近代史』を、この映画を通じ、知って目覚めて欲しいと心から願っております。
 明治開国から大東亜戦争まで日本が戦って来た『真実の歴史』を約70分でまとめてあります。学校で教わってきた日本を悪とする近代史とは明らかに違う内容が記録されています。なぜそのように間違ったことを教えられてマインドコントロール漬けになった現代の日本があるのかを知る切欠になる貴重な映画です。
◆明治27年の朝鮮半島をめぐる清国との戦い
◆ロシア、フランス、ドイツの三国干渉
◆朝鮮半島、満州をめぐり大国ロシアとの戦い
◆満州事変、支那事変、ABCD包囲網
 日本が戦いを免れなかった真実、資料に基づいて制作された映画、真実の歴史を知る事ができます。(引用以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

抜粋記事一覧

余命ブログ、2016年5月3日記事「687 ゲーム、アニメ関連⑥」より抜粋して引用
本稿をもって当分の間、ゲーム、アニメ関連は投稿受付を休止するので、乞う了解!

余命ブログ、2016年4月28日記事「673 ゲーム、アニメ関連⑤」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月28日記事「672 ゲーム、アニメ関連④」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月28日記事「671 ゲーム、アニメ関連③」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月24日記事「657 巷間アラカルト㊱」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月24日記事「655 ゲーム、アニメ関連②」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月24日記事「654 ゲーム、アニメ関連①」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月24日記事「653 2016年4月24日時事」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年4月21日記事「630 巷間アラカルト㉚」より抜粋して引用



以下、抜粋記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年5月3日記事「687 ゲーム、アニメ関連⑥」より抜粋して引用

ななこ
田舎ママ様
信濃太郎様
 ご紹介くださった「凛として愛」拝見いたしました。淡々と重い事実が端正に描かれていて、思わず姿勢を正して真剣に見入ってしまいました。これが上映できない現状をなんとか打ち破っていきたいと思いを新たにいたしました。ありがとうございます。
 ジェンダー教育やLGBTの啓蒙をするよりも、義務教育修了の段階で全員が学ぶべき事実と感じました。またテレビはぜんぜん見ませんが、騒々しくて品性下劣なバラエティーなど流さずに、毎日流しておいて目に触れるようにできたら良いのにと思いました。



(中略)

日本を保守したい
 ゲームアニメ関連の方が良かったのかもしれませんが、こちらの方に。
 教育勅語の歌です。教育勅語の内容を分かりやすく歌ってくれてるので、一人でも多くの方に知って貰えれば。

「大切な宝物」山口采希~「教育勅語」を曲に~
歌ってる山口采希さんのサイトは次の通りです。
現在、新しいサイトに移転してるようなので、過去の方とあわせて書き込みます。
旧山口采希サイト
http://www.whizmusic.jp/ayaki.html
新山口采希サイト
http://www.ayaki-yamaguchi.com/

 あらためてこうして教育勅語の内容を知ると、人として守った方が良い事を並べてるだけなのがよく分かります。



信濃注:
「大切な宝物」山口采希~「教育勅語」を曲に~
https://www.youtube.com/watch?v=zJz092IOzAk&feature=youtu.be
whizmusic 様、2012/10/13 に公開

【産経関西】「教育勅語」を曲に 21歳の歌手 山口采希さん
http://www.sankei-kansai.com/2012/10/12/20121012-062339.php

「大切な宝物」

父さん母さんいつも大事にしよう 兄弟仲良く助け合おう
友達同士励ましあい信じよう 間違った時はすぐ謝ろう「 ごめんなさい」

皆で仲良く口開けて「ワッハッハ」  
おじいちゃんもおばあちゃんもゆっくり「オッホッホ」
ちっちゃい赤ちゃんも手を振って「キャッキャッキャ」  
いろんな声交じわりあって空高く

勇気持って「正しさ」伝えよう 本読み勉強してみんなの役に立とう
喜びいっぱいお手伝いしよう 困った人見れば助け合おう「どうかしましたか?」

優しく浮かぶわたがし雲「フワァフワァフワァ」 
暖かくニコニコお日様も「ルンルンルン」
カラスもきつねもおさるさんも「カー!コン!ウキー!」
いろんな声交じわりあって空高く

みんなの笑顔 みんなで作ろう 決められた約束 守って行こう
もしもいつか 誰かが泣くのなら ヒーローに変身!正義の味方

昔々から教えられてきた いろんな言い伝えそれこそが
大切な大切な大切な宝物なんだ 失くさないで忘れないで明日へ向かおうね

自然の中から声が聞こえるよ 水、草、木、空、いろんな場所からね
「優しく逞しく胸を張って大きくなるんだよ」 ってほら見守ってくれている
いつでも僕達を見守ってくれている
「手を合わせ「ありがとう」」で明日へ向かおうね
(引用以上)
(信濃注、以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月28日記事「673 ゲーム、アニメ関連⑤」より抜粋して引用

高齢オタク
 このジャンルの投稿は制限済みかと思いますが。
 「凛として愛」が気に入った方が多いようですので、こちらも知っておいていただければ、と思い、あえてコメントさせていただきます。URLはyoutubeです。

誇り~ 伝えよう この日本のあゆみ ~

 第一次安倍政権のころ、文科省の教材として採択されるはずが、反日勢力に叩き潰されたいわくがあるアニメです。
 「凛として愛」も、靖国神社の依頼で製作されたにもかかわらず、二日で上映中止に追い込まれたりしたという話も聞きますし、反日の闇はどこまでも深いようです。(現在は遊就館では別タイトルの再編集版が上映されていると聞きました)
 あと、ついでですが、こちら↓は昨年、防衛省が公開したアニメで、英語版等もあるようです。
ボーエもんの防衛だもん~よくわかる自衛隊~
https://youtu.be/ObkxzmrQfXY



信濃注:
誇り~ 伝えよう この日本のあゆみ ~
https://www.youtube.com/watch?v=RFrfP2cqhyQ&feature=youtu.be
japan4060 様、2013/03/13 に公開
日本の近現代史 公益社団法人日本青年会議所作成
 2007年5月17日の衆院教育再生特別委員会で、日本共産党議員石井郁子は当時の内­閣総理大臣安倍晋三に、日本JCが制作した『誇り~伝えようこの日本のあゆみ~』 と題されたDVDアニメをつかった新しい教育事業を文部科学省が採択したことに反発を­示し、「靖国神社の戦争観を子どもに刷り込むための教育プログラム」と指摘し、波紋を­呼んだ。(Wikipediaより)
(引用以上)

ボーエもんの防衛だもん~よくわかる自衛隊~
https://www.youtube.com/watch?v=ObkxzmrQfXY&feature=youtu.be
防衛省動画チャンネル(Ministry of Defense Official Channel)様、2015/03/31 に公開
 知っているようで意外と知らない防衛省・自衛隊。そんな防衛省・自衛隊の各種の取り組­みや国内外における活動等を、楽しみながら知ってもらうためアニメ―ションで紹介して­います。
(引用以上)
(信濃注、以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月28日記事「672 ゲーム、アニメ関連④」より抜粋して引用

YKK
田舎ママ様、YOKO様他の皆様
「凛として愛」、今日見ることが出来ました。
当方パソコンに疎く、お騒がせしましたことお詫び申し上げます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月28日記事「671 ゲーム、アニメ関連③」より抜粋して引用

田舎ママ
五十六パパさま
 おっしゃる通りです。骨抜きの腑抜けになっていることにさえ気付いてない日本人がいまだに沢山います。一人でも多く、少しでも早く日本人を覚醒させましょう。
 先日紹介した「凛として愛」は、アパホテル100館で無料放送されているようです。アパホテルさんありがとう。
 東中野修道さん等が書かれた1575円の本、『南京事件「証拠写真」を検証する』も覚醒にはもってこいと思います。中国が証拠とする写真の「元写真」が多く掲載されています。読めばどちらが嘘付きかは明白です。
教育勅語を小学校から
靖国・知覧の修学旅行
紀元節の歌を授業で習う
歴史の授業は古事記・日本書紀に触れてから
建国記念日はクリスマス以上のイベント
総理大臣が靖国参拝しないとバッシングされる社会
非核三原則より非韓三原則のほうが有名
これらが当たり前になるような日本を目指して頑張りましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月24日記事「657 巷間アラカルト㊱」より抜粋して引用

たなやん
 田舎ママさまへ。
 「凛として愛」心がきれいになる映画ですね。私は観ていませんでした。というのも亡くなった祖母の話を聞いていたから。祖母は特攻隊を見送った人でした。部隊名は第19振武隊です。
 出撃するときに、祖母に「お世話になりました。お礼に家の上空に飛んでくるので、手を振って見送って欲しい。」と言い残していきました。中庭で待っていると、約束通り、隼が爆音と共に現れ、左旋回で3周翼を上下に揺らしながら飛行し、(これは、ありがとう。の意味だそうです。)駿河湾の方向へ飛び去って行ったそうです。祖母は機体を見ながら、泣いたそうです。そして「絶対に3回だ、絶対に忘れない。」と言っています。沖縄で戦死されたことも知っていましたよ。
 私の小学校5年の担任はサヨクでした。日教組ですかね。なぜか1年で交代しましたよ。活動が問題になったのかな。後にサヨクの人だった、と聞かされた。そんな時代を経て今が有ります。
 このような先人の為にも、余命さんと力を合わせて、反日駆除、除鮮をすすめて行きたいです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月24日記事「655 ゲーム、アニメ関連②」より抜粋して引用

exfsx7q2YOKO
YKKさんへ
 Youtubeからの動画が見れなくなったとのことですが、意味がよくわからないのですが、youtubeの表示のしかたがわからなくなったのか、それとも何者かの妨害によってyoutubeが表示されなくなったのか、ブラウザは何を使っているのか、ブックマークは設定してあるのか、あまりにもわからない事だらけで、これから言うことはあくまでの、私の想像の範囲ですのでもしも違っていたらごめんなさい。
 まずプラウザは多分IEだと思いますが?まず検索窓を表示し、虫眼鏡のある長方形の画面上にyoutubeと打ち込みEnterキーを押せばyoutube関連のサイトが表示されます。あとは一番上のyoutubeサイトを右クリックするだけ(マウスは使っていると思いますが)あとはパスワードを登録するだけ。その時に星マークのお気に入りをクリックし(マウスの右ボタン)登録するだけです。



五十六パパ
信濃太郎様、田舎ママ様、そして、余命チーム様
 『凛として愛』の掲載有難うございます。三、四年ぶりに見て、決意を新たにしました。
 我々の先祖の勇敢さと正義を貫徹する心意気に比べ自分を筆頭とする劣化日本人の不甲斐なさ。でも自分はまだ、早く気付いた方だと考えています。と言うより、このインターネットが普及した時代にまだ自虐史観や、国連幻想に染まったままでいる劣化日本人へは、一種の不気味さすら覚えます。ましてや、国を破壊して権力を得る事しか考えてない、自称共産主義者のシンパなぞ問題外の狂信者が政党を名乗るこの状態を絶対に許すことは出来ません。
 自分は、今ほどインターネットが普及していない時代に東条英機がその映画化された『プライド 運命の瞬間』の台詞で「平和に対する罪?ではこの東京の焼け野が原はなんだ!」(正確な書き起こしでは無い)で覚醒し、白人の出鱈目さと傲慢さに気付いた訳で、それ以前から日本の似非サヨクの嘘、ダブスタ、似非弱者の見方っぷりに嫌悪感を覚えていましたから。



信濃注:
 ご返信いただき身に余る光栄です。鳥肌が立ちました。日本再生への戦い、微力ですが、私も私なりの方法で参戦いたします。
(以上)



日本桜
 「海ゆかば」は、『海道東征』を作曲した信時潔がNHKの依頼で作り、昭和12年(1937年)に国民歌謡として初放送された崇高な曲調の楽曲です。歌詞の出典は万葉集にある 大伴家持の和歌です。

『海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば 草生(くさむ)す屍
大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ
かへり見はせじ』

 表面的に直訳すると『海を行けば、水に漬かった屍となり山を行けば、草の生す屍となって大君のお足元に死のう。』となります。
 しかし、和歌は字面よりももっと深いところに隠された意味をもっており、そこの所は【ねずさんのひとりごと 海ゆかば】に詳しく解説されています。古来から日本が天皇を中心に成り立っていることが良く理解できます。そしてこの曲は、ma様が感じたように、日本人の心の深くを揺さぶる力を持っています。

 昨年4月に天皇皇后両陛下が、大東亜戦争の激戦地であったパラオ・ペルリュー島へ慰霊のための訪問をされました。
「日本とパラオ・ペリリュー島のお話」
 上の動画のBGMとして使われているのが「海ゆかば」で、私の好きな動画になっています。ここで紹介されている日本軍人とペルリュー島民との話を知れば、自虐史観の人を覚醒させる力になると思いますので紹介させて頂きます。
(日本桜)



信濃注:
日本とパラオ・ペリリュー島のお話(コピー)
https://www.youtube.com/watch?v=3Yv471RNBfo&feature=youtu.be
geisya1950art 様、2009/07/02 にアップロード
(以上)



バビル3世
 「凛として愛 英語字幕」で検索すると、「凛として愛 (英字幕版) The Wartime History of Japan」という動画(YouTube)が出て来ます。
 そのコメント欄にある英語でのコメントが酷いです。プロパガンダ扱い。日本名っぽい人のコメントでも「幸いな事に、多くの日本人はこのような考えを持っておらず~(略)少数のだけ、殆どは高齢者か可哀想な右翼の人達だけ」など。(なりすまし日本人系だと思いますが)
 英語版の動画がアップされたと知って、反日軍団がわんさか訪れて「歴史修正主義だ~」とコメントして行ったんだろうなぁと想像。



NIDA in your heart< `∀´>
 余命さん本第三弾、楽しみにしております。
 熊本地震や国内外の情勢を見ていて、最近あるゲームのセリフをよく思い出します。それはちょっと昔、ソニーのPS華やかなりしころのガンパレードマーチという、熊本発の熊本が舞台のゲームでした。以下少し長いですが引用です。

 「オメーらは、サムライだ。この国を守るために、武器を取って自ら戦う。外国じゃ兵隊っていうけどな。この国では、もっと良い呼び名があるわけだ。」
 「能力があるから、サムライじゃない。少なくとも、現代ではな。誰かのために武器を取る心が、サムライだ。さて、熊本は昔から、この国が西洋化したその頃から、代々東北と並んで最強の師団を送り出してきた、いわば精兵だ。お前達は、いわばその末弟だな。誇りにしろ。自分達は最強の兵の、その末裔だと。」
 「俺はな。お前達に、自信を持って欲しいと思っている。戦場で強いということは、要するに自分を使いこなしている奴だ。自分を使いこなすには、まず、自分に自信がないとな。でないと、限界一杯まで自分を使えないだろ?
 自分に自信のない奴ぁ、ピンチになったら仲間を捨てて逃げる。実力を発揮せずにな。だから、新兵や学兵にはとりあえず自信と誇りをつけさせるんだ。自分達は勇敢で、自分達こそ、この国を守る最後の盾、この国の剣のその切っ先。自分達の後には、もう何もないと。血の池に足を突っ込んで、砲弾の嵐を潜り抜け、戦友の死体を踏みつけて行くとき、弱っちいがいつもそれが最後の頼りになる。
 どんな軍隊でも、最終的に一つだけ信用しているものがある。それは人間と、その忠誠心だ。経済が崩壊した時、武器が破壊された時、敵が強い時、我々が、負けようとしている時、俺は知っている。何が信用出来るのかを。
 それは札束でも、武器でもない。困ったときに最終的に助けに来るのは、心だ。心だけは、良い思い出は裏切らない。これは個人でも、国でもおんなじだ。土壇場の土壇場で軍が頼るのは、お前達一人一人の、この国の良い思い出だ。それが良くないなら、この国は滅ぶだろう。
 良い思い出がいくつかあれば、サムライは集まる。この国を守る若いサムライがな。」

 皆さんのコメントを見ていて、日本をずっと守ってきたのは、日本人ひとりひとりの思い出なんだなぁということがわかった今日この頃です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月24日記事「654 ゲーム、アニメ関連①」より抜粋して引用

田舎ママ
YKK への返信
YKKさま
youtubeで見ること出来ましたよ。
2016・4・23 22:41 での事。
「凛として愛」で動画検索でたくさん出てきますが、PCの問題ではないでしょうか?



田舎ママ
ma への返信
maさま
 反日映画は世にたくさん出るのに、こういった真実の映画はなかなか認知されにくいですね。お友達、覚醒されたらいいですね。
 靖国参拝、羨ましい限りです。遠くてなかなか難しい・・。韓国に修学旅行するより、靖国・知覧に行かせるべきですよね。
 中学の修学旅行で知覧に行きました。ほかにも色々いったんでしょうが、まったく他は覚えてません。知覧は、子供だったけど琴線に触れまくりました。「私はこんなんでいいのか?」と。自分と同世代の少年が残した手紙を読んで、何も関心がないふりをしていたが、心は揺さぶられました。
 わが子が中学生になったら、知覧には連れて行こうと思います。
 わが子が高校生になったら、靖国に行って来なさいと言います。
 もう1つ近代日本史の真実を描いたのが「南京の真実」ですね。それと真実の朝鮮を描いた動画を発見しました。「日本が統治する直前の韓国を忠実に再現した本当の韓流ドラマ」で検索してみてください。



(中略)

日本を保守したい
 「凛として愛」の紹介もされてるようですので、アニメの紹介も。
 余命ブログを来訪してる皆さんなら知ってる方が大半でしょうが。
 紹介したいのは、「めぐみ」。北朝鮮による拉致を描いたアニメです。ウィキペディアによれば、「2008年に日本国政府拉致問題対策本部企画・制作によりアニメ(Webアニメ)が制作された」とのこと。
 ブログ「ぼやきくっくり」さんにて紹介されているのを見て知りました。くっくりさんの所では、書く記事の末尾にて毎回紹介されてるようです。まだ拝見されてない方もおられるかもしれないので、こちらにて紹介してもらえればと思いました。
 関連するサイトURLは以下の通りです。

日本国政府:北朝鮮による日本人拉致問題
アニメ「めぐみ」
http://www.rachi.go.jp/jp/megumi/gaiyou.html
(動画紹介・説明ページ)

政府インターネットテレビ
アニメ「めぐみ」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1754.html
(ネットでアニメを鑑賞できます)

アニメ「めぐみ」ダウンロード Download
 http://www.rachi.go.jp/jp/megumi/index.html
(日本語だけでなく、英語に韓国語など各国の言語にて配信されてます)

ウィキペディアも。
「めぐみ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF

 他にも、靖国神社遊就館にて、特殊潜航艇によるシドニー港攻撃についてのアニメも流れていたました。恥ずかしながら、このような出来事があったという事を、このアニメを見るまで全く知りませんでした。放映時間などについては遊就館の次のサイトを参照にしていただければ。
 こちらにある『平和への誓約 松尾敬宇とその母』が該当するアニメです。http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/news/news_detail.php?article_id=0071

 何かの参考になればありがたいです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月24日記事「653 2016年4月24日時事」より抜粋して引用

信濃太郎
田舎ママ様
「凛として愛」、日本人になら誰にでも薦められる良作ですね。
(「B級映画、極右、過激派」などのイメージとはかけ離れたものです)

『凛として愛』 全編ノーカット版 「拡散希望!全日本人が知るべき真実!」
(信濃注: 動画再生枠は省略、本稿冒頭にあり)
https://www.youtube.com/watch?v=QwpWKoV13GY&feature=youtu.be
平成14年(2002年)、靖国神社・遊就館で上映する為に製作 ※動画77分

以下、動画投稿者様の紹介文
 国難の危機にある現代の日本人必須の映画、今ひとりでも多くの方に、この学校教育やメディアでは教わらなかった『日本の真実の近代史』を、この映画を通じ、知って目覚めて欲しいと心から願っております。
 明治開国から大東亜戦争まで日本が戦って来た『真実の歴史』を約70分でまとめてあります。学校で教わってきた日本を悪とする近代史とは明らかに違う内容が記録されています。なぜそのように間違ったことを教えられてマインドコントロール漬けになった現代の日本があるのかを知る切欠になる貴重な映画です。
◆明治27年の朝鮮半島をめぐる清国との戦い
◆ロシア、フランス、ドイツの三国干渉
◆朝鮮半島、満州をめぐり大国ロシアとの戦い
◆満州事変、支那事変、ABCD包囲網
 日本が戦いを免れなかった真実、資料に基づいて制作された映画、真実の歴史を知る事ができます。(引用以上)



YKK
田舎ママ様へ
 私は「凛として愛」をYouTubeで知り、折に触れ見ていました。「田舎ママ」様の投稿で「凛として愛」を見るべく検索したら、いつの間にか再生出来なくなっていました。
 日本人精神の根幹に係わるこの映画、今は幼き孫達にいずれと思い保存していましたが、この削除が図らずも「日本人精神の復活」が、反日の彼らにとって都合が悪いと言う事を証明していますね。私もネット関係に疎くどうすればいいか分かりませんが、どなたかのご協力があればと願っております。
YKK



ma
田舎ママ様へ
 「凛として愛」見ました。とても素晴らしい内容でした。お教え頂きましてありがとうございました。
 もう少しで目覚めそうな友人に見てもらおうと思いました。
 靖国神社に行って遊就館を出る時には、いつも涙が止まらず大変です。我々が今生があることに英霊の皆様方に感謝です。
 第二国歌という書き込みを見たことがありますが、そうだったのでしょうか?
 「海ゆかば」
 泣けます。とにかく英霊の皆様方のおかげで私は今ここにある。ただ感謝のみ。誇り高き日本民族に生まれた矜持が私の心を、根底から変革して頂き、全くの別人(敵には分からぬように)として、心身共に健康体になりつつあります。
ma



(中略)

日本桜
 田舎ママさんが、映画「凜として愛」を紹介しておられました。拡散する手段がないかと質問されていましたので、少し調べて見ました。
 この映画は、今現在youtube,ニコニコ動画で見る事ができます。貼り付けが自粛されていますのでURLは、提示しませんが【凛として愛】で検索すると容易にヒットします。youtubeとニコニコ動画を合わせて、既に100万回くらい視聴されています。英語字幕版もあります。ノートパソコン、タブレット、スマホを使って観て貰うことができます。知り合いにメールでURLを知らせることも出来るでしょう。
 ビデオで観たい方には、DVDも送料、手数料含め1枚1000円で販売されています。【愛国女性のつどい花時計】で検索すると、映画「凜として愛」拡散プロジェクトという項目があり、そこで購入できます。お年寄りや子供に観て貰うのに、良いのではないでしょうか。
 この映画は、私も田舎ママさんの紹介で初めて知りました。素晴らしい映画でした。紹介して下さり有り難うございました。この映画は、平成12年に泉水隆一監督で撮られ公開したものの、中韓の激しい抗議により、2日間で上映中止に追い込まれたという曰く付き映画です。反日特亜が嫌がるだけあって、一見の価値があります。
(日本桜)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月21日記事「630 巷間アラカルト㉚」より抜粋して引用

田舎ママ
 余命関係者の皆さま、読者の皆さま貴重な情報をいつもありがとうございます。
 突然ですが「凛として愛」という映画、ご存知でしょうか?日本人であれば必ず号泣する映画です。そして日本人なら絶対見るべき映画だと思います。この映画を見て覚醒しないなら、日本人の血が流れていないのでしょう。
 「always 3丁目の夕日」や「永遠の0」より泣ける映画として多くの人に紹介したいです。その方が取っつきやすいですし。小学校高学年~中学・高校生の子供たちにも是非見てほしいですね。
 どなたか有効な手段ご存知ありませんか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.5.3、記事追加
※2016.4.30、記事追加
※2016.4.25、新規作成

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。