余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2017年5月13日土曜日

【注意喚起】約100カ国で大規模サイバー攻撃


 2017.5.13、09:30現在、約100カ国で大規模サイバー攻撃が実施されているようです。とりあえず怪しそうなHPは見ない方が良さそうです。
 詳細は随時、追記していきます。



朝鮮総連HPにサイバー攻撃 プログラム改竄、閲覧すると情報盗まれる恐れ






以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

添付資料一覧

リンクのみ

情報戦への対処に関する一考察 2016.6.27
?なブログリスト(閲覧は読者さんの自由ですが) 2016.3.16
ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認) 2016.3.19
【信濃雑感】 ネット工作員への協力者、その末路に関する一考察 2016.3.26
【お知らせ】 嫌がらせコメント、サイバー攻撃への対策 2016.3.29
サイバー攻撃対策(ウイルス対策)、有事には個人パソコンも他人事ではない 2016.6.10

一部引用

【サイバー攻撃】約1千万円が支払われる ウイルスの身代金口座
産経ニュース、








【主張】サイバー攻撃 危機感持ち自衛策講じよ

大分でもサイバー攻撃被害 自宅パソコン300ドル要求














【サイバー攻撃】日本への影響 「懸念するようなことはない」 菅義偉官房長官

【サイバー攻撃】OS欠陥の活用批判 米政府にマイクロソフト
更新
【サイバー攻撃】「出張の件」「役員表」…仕事のメール?実は攻撃 今日から注意を

【サイバー攻撃】日本でも被害2件を確認 総合病院と個人PC感染 金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」
【サイバー攻撃】日本も警戒 金銭要求型「不審なメールに注意を」週明け、企業に被害も

サイバー被害は150カ国、20万件 拡大に懸念も
更新
【世界サイバー攻撃】サイバー攻撃、日本も標的 金銭要求 週明け警戒

世界約100カ国でサイバー攻撃7万5千件 英日産、病院など影響 近年最大被害の可能性
更新

【世界サイバー攻撃】7万件超と報道も

【世界サイバー攻撃】パソコン保護へ防御措置 米マイクロソフトが声明
更新
世界100カ国でサイバー攻撃 5万件超 英国病院で大規模被害、日本も
更新
朝鮮総連HPにサイバー攻撃 プログラム改竄、閲覧すると情報盗まれる恐れ

更新
【北朝鮮情勢】次にサイバー攻撃するのは日本国内の銀行か? 菅義偉官房長官「銀行に注意喚起」
【北朝鮮情勢】北、サイバー攻撃で92億円盗んだ疑い シマンテック幹部が米議会証言




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用文

【世界サイバー攻撃】7万件超と報道も


【世界サイバー攻撃】パソコン保護へ防御措置 米マイクロソフトが声明更新
 世界規模のサイバー攻撃を受け、米マイクロソフトは12日、パソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を保護するため、防御措置を講じたとの声明を出した。
 声明では「われわれは3月、今回のようなサイバー攻撃に備えて安全対策を更新した」と説明した上で「本日、新たな悪性ソフトに対する防御措置を加えた」とした。
 マイクロソフトの無料ウイルス対策ソフトを使っているか、ウィンドウズを自動更新するよう設定している場合は、今回の攻撃から保護されているとしている。(共同)
(引用以上)




【ロンドン=岡部伸】英国各地の国営病院で12日、国営医療制度、国民保健サービス(NHS)関連施設のITシステムに大規模なサイバー攻撃があり、多数の病院で障害が発生、手術などの医療サービスが中断するなどの被害が続出。ロイター通信は、同様のサイバー攻撃がロシアを中心に欧州やアジアなど約100カ国で起き、攻撃件数は5万7千件に上ると伝えた。悪性のソフトウエアを用いた攻撃とみられ、被害はさらに拡大する見通し。
 英国ではイングランドとスコットランドなどで医療機関のIT(情報技術)システムが停止。一部の病院では手術を中止したり、診察予約をキャンセルしたりするなど医療サービス提供が困難となり、救急患者は別の病院に搬送された。イングランドでは「重大事故」が宣言され、英政府のサイバー犯罪対策を担う「サイバーセキュリティーセンター」が調査を進めている。
 メイ首相は、「NHSを標的としたものではない。世界規模のサイバー攻撃だ」と述べた。一方、患者のデータが不正アクセスされた証拠はないと強調した。
 またスペインでも、通信最大手テレフォニカの社内システムが攻撃を受けた。顧客への通信サービスの提供には影響は出ていないという。
 ロイター通信によると、攻撃は、コンピューターをロックし、解除する代わりに仮想通貨「ビットコイン」で300ドル(約3万4千円)から600ドル(約6万8千円)を支払うよう求める表示が出ており、「ランサムウエア」(身代金要求型ウイルス)とみられる。英BBC放送は、4月に米国家安全保障局(NSA)が開発したとみられる悪性ソフトを公開したハッカー集団「シャドー・ブローカーズ」が関与しているとの見方を報じた。
 同通信によると、サイバー攻撃は、ロシアのサイバー・セキュリティーのソフトウエア会社の「カスペルスキ ラブ」が74カ国、で4万5千件と指摘。また別のソフトウエア会社「アバスト」は被害は99カ国に広がり、主要な攻撃目標はロシア、ウクライナ、台湾だとしている。
 また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は欧州や日本のほかロシアやトルコ、ベトナム、フィリピン、中国、米国、イタリア74カ国で起き、被害は4万5千件に上ると報じた。

 米CNNテレビなど欧米メディアは12日、情報セキュリティー会社の話として、大規模なサイバー攻撃が同日、欧州や日本を含むアジアなど99カ国で確認され、計7万5千件に上ったと報じた。(共同)
(引用以上)



更新
 英BBC放送は12日、ロンドンを含む英南部イングランド各地の病院でコンピューターシステムに障害が発生、大規模なサイバー攻撃を受けた可能性があると報じた。
 一部の病院では救急患者を別の病院に回したり、手書きで事務手続きをしたりしているという。
 コンピューターに金を要求するメッセージが現れたとする情報もあるが、信ぴょう性は不明。(共同)
(引用以上)


(引用以上)

【北朝鮮情勢】北、サイバー攻撃で92億円盗んだ疑い シマンテック幹部が米議会証言
(引用以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2017.5.21、リンク追加
※2017.5.13、新規作成

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。