余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年9月25日日曜日

米中対立の注目点、台風の目・ドゥテルテ比大統領


 7月中旬から下旬にかけて、国際仲裁裁判所の南シナ海裁定を巡って米中関係が緊迫しました。その後、落ち着いてきたかに見えますが、今度はドゥテルテ比大統領(2016.6.30就任)の親中反米発言などで中国に付け入る隙を与えているように見えます。比を中心として、いずれ再び米中関係が緊迫化する可能性があります。
 ドゥテルテ氏は、様々な言動、行動から南シナ海問題の台風の目となりつつあります。どのように推移していくのか、大変、気になるところです。もちろん、南シナ海問題には日米中比以外にも台湾やベトナム(越)なども関わっていますので、比一国でどうなる訳ではありません。複雑な部分がありますので、よく分からないこともあります。
 そこで、復習と研究を兼ねて、南シナ海問題の関連記事を出稿することにしました。第一回は台風の目、ドゥテルテ比大統領についてです。参考の一つにしていただければ幸いです。



参考記事  2016.7、南シナ海裁定を巡る米中緊迫

【警戒情報】 狂人NHK、敵国・北朝鮮の暗号数字を夜7時全国ニュースで報道 2016.7.20
【警戒情報】 余命さん「今週末から花火大会だよ」(ニュース追加2016.7.19~25)
【警戒情報】 じゃあのさん「12日、世界情勢が動くぞ」(ニュース追加2016.7.11~18)



シリーズ予定記事

・台風の目、ドゥテルテ比大統領
・南シナ海、九段線と第一列島線、第二列島線
…第一列島線:日本列島、台湾、比
…第二列島線:小笠原諸島、米国領マリアナ諸島(米軍グアム基地を含む)
・南シナ海の不沈空母
…台湾実効支配、太平島
…中国実効支配、南沙諸島・人工島、西沙諸島・永興島、その他
・南シナ海の仲裁裁判
・南シナ海、日中台比越の軍事力比較
・米国FRB金利と中国軍拡
・中国主導AIIBと人民元SDR入り
・南シナ海問題、日米の役割
・その他(TPPなど)



参考情報  南シナ海を中心とした地理的要件

ロイター
トップページ >> ワールド >> 中国
(引用以上)



トランプさんと「太平洋の要衝グアム」と日本
夢老い人の呟き 様、2016-06-02記事
アメリカの西太平洋戦争計画と自衛隊の変質
アジアと小松 様、2015年08月27日記事
(引用以上)



中国海軍の戦略(1)
家宅な日記 様、2011年04月26日記事
(引用以上)





以下、本文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台風の目、ドゥテルテ比大統領の人物像

wikipedia-ロドリゴ・ドゥテルテ

 ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte, 1945年3月28日[1] - )は、フィリピンの政治家。現在、同国大統領(第16代)。ダバオ市長を7期務めた。

>> 人物

 レイテ島のマアシンの出身。父親は法律家、母は学校教師という家庭に育ち幼少時にダバオに移った[2]。大学時代の恩師はフィリピン共産党の創設者ジョマ・シソンであり[3]、シソンからは大統領選での支持も受けている[4]。また、共産党員を閣僚に起用する案を掲げるなど共産党との協力にも積極的である[5]。大統領就任後は共産党のゲリラとの間で無期限の停戦合意にも成功している[6]。大学卒業後はダバオの検察官として約10年働いた後、政界に進出[7]。
 母方の祖母が華人であり、ドゥテルテも中国語についても「聞いて分かる」と語っている[8]。一方で、祖父が中国人と発言したこともある[9]。

信濃注:
ドゥテルテ氏は華僑ではないという現地取材の結果もある。下記動画を参照。
(以上)

>> 政治家として >> ダバオ市長

 ドゥテルテは1988年にダバオ市長に選出され、1992年と1995年に改選、3期務めた。4期以降はフィリピン共和国憲法の多選禁止規定に引っかかるため、1998年にダバオ初となる下院議員となり2001年まで務める。2001年に再びダバオ市長に立候補して当選し、2004年と2007年に改選され3期、合計で市長職を6期務めた[10]。
 2010年のダバオ市長の改選では憲法の多選禁止規定により、ドゥテルテ自身は立候補できず、娘のサラ・ドゥテルテを立候補させ当選、ドゥテルテは副市長に就いた。2013年の市長選挙で再び出馬し当選、7期目の市長を務めることとなった。
 ドゥテルテの執政下では記録的な好況を実現し、ダバオは平和とタクシーのボッタクリが無くなるなど、治安の改善を実現した。ダバオ観光局はフィリピンでも最悪の犯罪発生率を劇的に軽減させることに成功し、「東南アジアで最も平和な都市」を標榜している[10]。
 ダバオは、ドゥテルテの容認の下で「ダバオ・デス・スクワッド」と呼ばれる自警団組織が犯罪者を超法規的措置により私刑で殺害しており、人権団体やアムネスティ・インターナショナルがドゥテルテの手法を批判している[10][11][12][13]。タイム誌はドゥテルテのことを「処刑人」と記述した[10]。
 ドゥテルテはこのような不法な殺人について、自身のいかなる関与も否定しているが[14]、2015年のクリスマス直前には、ビデオメッセージで「犯罪者たちよ、これがお前たち最後のメリークリスマスだ」とフィリピン大統領選挙に向けて意気込みを語り、フィリピンで話題となった[15]。



※ドゥテルテ氏は華僑ではないという現地取材の動画

ドゥテルテ 大統領に支那の血は流れていない (ダイジェスト版、動画時間 7:45)
https://www.youtube.com/watch?v=o9608cp97fM
鈴木五郎 様、2016/07/25 に公開
マスゴミの嘘が現地レポートで暴かれる!
強かな戦略 最初に支那の麻薬組織を潰した!
大統領は「リトル東京」の復活に奔走していた!
(引用以上)

【Front Japan 桜】トランプ共和党大統領候補指名 / 中国と攻防するフィリピン・ドゥテルテ大統領の素顔 / スクープ合戦はどこまで許されるのか[桜H28/7/25] (上記動画の引用元
https://www.youtube.com/watch?v=XzYdFXp8PWc
SakuraSoTV 様、2016/07/25 に公開
22:40~36:00、中国と攻防するフィリピン・ドゥテルテ大統領の素顔





他国記者の評価

ドゥテルテ氏、比大統領として暴言はどうかと思うが、自国のために頑張れ 2016.9.8
>> 添付資料 >> 添付資料一覧 より引用

解説記事、日本人の目

ドゥテルテ大統領の暴言で首脳会談中止 日本への影響は オバマ氏を「アバズレの息子」呼ばわり BuzzFeed japan、2016/09/07 05:01
(鈴木 貫太郎 BuzzFeed News Reporter, Japan)

ドゥテルテ大統領の暴言に潜むフィリピンの怒り 根深い社会問題と鬱積する不満 長年の植民地統治も関係 BuzzFeed japan、2016/09/07 05:00
(鈴木 貫太郎 BuzzFeed News Reporter, Japan)

解説記事、欧米人の目

アングル:フィリピン麻薬戦争、死者の山に口閉ざす人々
ロイター、2016年 09月 7日 16:45 JST
(John Chalmers記者、Andrew R.C. Marshall記者、翻訳:エァクレーレン)

(引用以上)





産経ニュース・ヘッドライン (2016.9.1~9.23)


更新

ドゥテルテ氏またお騒がせ “人権弾圧”のマルコス元大統領を「英雄」墓地に 「歴史を浄化するな!」と数千人デモ 産経ニュース、更新

比大統領の暴言が加速 国連・潘氏の名前を嘲笑、また「悪魔」呼ばわり
産経ニュース、更新


比新政権、日本が欧米諸国の「窓口」に 米と距離 中国には接近 産経ニュース、更新
 フィリピンのドゥテルテ新政権は、南シナ海問題で日米両国と完全に歩調を合わせたアキノ前政権の政策と決別し、中国への接近を進めている。人権問題で米国との関係に隙間風が吹く中、経済支援と引き換えに南シナ海で中国の覇権強化を黙認する事態に陥らないよう日本外交の果たす役割が増すことになりそうだ。
 ドゥテルテ政権下では警官による麻薬犯罪容疑者殺害が激増。公の場で懸念を示してきた米国や国連との関係がぎくしゃくする中、人権問題への言及を控えてきた日本は、フィリピンにとって欧米諸国など先進国との関係を絶たないための「窓口」になりつつある。
 ドゥテルテ氏がオバマ米大統領を侮辱する暴言で首脳会談を断られた今月6日、東南アジア諸国連合(ASEAN)域外国の首脳として初めて会ったのは安倍晋三首相。大型巡視船2隻の供与が伝えられ、ドゥテルテ氏は「深謝」を表明した。(共同)
(引用以上)


【湯浅博の世界読解】米を巡り、互いに利害が一致したときだけ手を結ぶ中露 一方で安倍首相の対露外交は危なっかしく… 産経ニュース、更新

【北ミサイル】「米本土到達」強く懸念、ロケットエンジン燃焼実験成功に米軍高官
産経ニュース、更新

【北ミサイル】北朝鮮、新型エンジン燃焼実験に「成功」 長距離弾道ミサイル用か
産経ニュース、更新

【北ミサイル】北朝鮮が新型エンジン実験 静止衛星用「成功」と報道 金正恩氏、将来の発射指示
産経ニュース、更新

【緊迫・南シナ海】中露が共同で島嶼奪還訓練を実施 日米など牽制狙い
更新

「生きたままワニの餌にした」「マシンガンで“とどめ”刺した」 ドゥテルテ比大統領が殺害関与と証言 元自警団員が議会で 産経ニュース、更新

【正論】ハーグ裁定に背く中国、ドゥテルテ比大統領は混迷増幅 ASEAN海洋国で協議体制を 平和安全保障研究所理事長・西原正

フィリピン大統領は「人権を尊重」 報道官が国連に反論
産経ニュース、更新

フィリピン大統領“暴言” 閣僚が火消しに躍起 防衛相、米特殊部隊は残留と修正
産経ニュース、

【緊迫・南シナ海】反米姿勢強めるフィリピン大統領 中国は大歓迎 南シナ海問題改善へ「転換点」 産経ニュース、更新

お騒がせドゥテルテ比大統領、今度は“ズル休み”を自ら暴露 米ASEAN首脳会議を「体調不良でなくわざと欠席」 産経ニュース、更新

米、ドゥテルテ比大統領に反論 「米軍特殊部隊駐留はフィリピンの要請だ」
産経ニュース、更新

【緊迫・南シナ海】中露海軍が初の合同演習を開始 軍事大国ロシアを利用し実力で米を牽制、島嶼上陸作戦も 産経ニュース、更新

お騒がせフィリピン大統領、今度は潘基文・国連事務総長に「あいつもばか野郎」と暴言 オバマ氏への侮辱発言の謝罪もなし 産経ニュース、更新

【北朝鮮核実験】核弾頭爆発実験に「成功」と発表、過去最大規模 「小型化」量産も強調
更新

【北朝鮮核実験】過去最大の10キロトン規模 北朝鮮が5回目の核実験 米韓首脳が緊急電話会談 産経ニュース、更新

「体調不良で朝起きられず」 お騒がせドゥテルテ比大統領、今度は米ASEAN会合欠席
更新

米フィリピン首脳、当初発表と異なり離れて着席 東アジアサミットの夕食会
産経ニュース、更新

米比首脳が非公式に接触 米側は「儀礼上の挨拶」と説明
産経ニュース、更新

国連事務総長との会議欠席 「脱退」発言の比大統領
更新

暴言の比大統領が反省? ドゥテルテ氏、スーツにネクタイ姿で登場
産経ニュース

【緊迫・南シナ海】南シナ海に集結の中国船写真を公開、比国防省
産経ニュース

【緊迫・南シナ海】仲裁裁定の言及回避へ ASEAN首脳会議、声明採択で 中国に配慮、足並みに乱れ 産経ニュース

【緊迫・南シナ海】「言葉は重要だ」、オバマ氏に暴言のドゥテルテ氏に米国務省が苦言 米比首脳会談中止に 産経ニュース

米とフィリピンの関係悪化 南シナなど対中包囲網 ASEANの亀裂懸念
産経ニュース

オバマ米大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領との会談中止 人権に関連、オバマ氏をののしる
産経ニュース、更新

ドゥテルテ比大統領、人権問題めぐりオバマ氏を“恫喝”「その話を持ち出すな」「ののしるぞ!」


【緊迫・南シナ海】中国船、G20の最中になぜ集結? 習近平氏、議題から「封殺」のはずが…各国の神経逆なでのチグハグぶり更新

フィリピン“ダーティハリー大統領”就任後、現場での容疑者殺害1000人超 麻薬組織、大統領に懸賞金か 産経ニュース、更新

【緊迫・南シナ海】G20議長国なのに…中国船、南シナ海岩礁に10隻集結 フィリピン国防相「深刻な懸念」 産経ニュース、更新

ドゥテルテ比大統領が「無法状態宣言」爆弾テロ対応で“超強権”発動か
産経ニュース、更新

【緊迫・南シナ海】中国船、スカボロー礁で埋め立て徴候 資材運搬の船舶


比ドゥテルテ大統領“お膝元”で爆発 14人死亡、67人負傷 過激派アブサヤフが「聖戦」声明
更新

比南部ダバオ中心部の市場で爆発、10人死亡 原因不明
更新





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
なし

4 件のコメント:

  1. ひとりボッチ2016年9月25日 11:47

    信濃さま
    こんにちは。ひとりボッチです。

    ドゥテルテ大統領は共産系なのでしょうか。局名、番組名は忘れましたが、
    『大統領は反中反米だが、親日だよ』みたいなニュースをみました。
    メディアがそう報道(誘導?)するということは、親日と言っても、実は共産勢力との仲が良いのでしょうか。反米なのはわかりますが、反中に関しては疑問符が付きます。

    お忙しいとのこと、どうぞ無理なさらずにご自愛ください。

    返信削除
    返信
    1. ドゥテルテ氏は共産系とウマが合うと見た方が良さそうですね。
      麻薬犯罪者の超法規的殺害とか、比国民からすれば治安改善などで支持できる面があるのでしょう。事実、ドゥテルテ氏は市長を7期も務めた後、大統領になっています。しかし、超法規的殺害という手法そのものは、共産圏的というか独裁的というか。中国とは違いますが、イメージ的に被る面があります。
      また、親中まではいかないかもしれませんが、反中ではなさそうですね。比は、南シナ海を挟んで中国と隣国であり、かつ、軍事的に到底、及ばないことから、ある程度は理解できます。米国のことはかなり嫌っているようですが、比の国益を考えれば米軍を繋ぎとめる必要があることくらいは理解しているでしょう。米国はご都合主義で理不尽なところがあると思いますが、中華帝国よりはマシ。
      ドゥテルテ氏自身の政治信条、国内治安などがあると思いますが、情勢を俯瞰して西側陣営の国益基準で判断して欲しいものです。米国も人権を振りかざして内政干渉しないで欲しい。

      >お忙しいとのこと、どうぞ無理なさらずにご自愛ください。
      ...続けられる程度に頑張ります(^^)

      削除
  2. 生きたままワニの餌にしたって・・・
    怖すぎです。
    北朝鮮並みですね。
    このような人物が大統領で、大丈夫なんでしょうか。
    フィリピンという国がこれからどうなっていくのか

    返信削除
    返信
    1. 生きたままワニの餌...恐ろしい
      捕まるようなことはスピード違反と一時停止違反くらいしかしませんが、あまりフィリピンには行きたくないです(笑)

      削除

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。